2016年甲子園早稲田実業のスタメン予想!

2016-06-08_161650

 

高校野球の数ある高校の中でも人気、実力ともにトップとも言えるのが早稲田実業ですよね。昨年の夏の甲子園での活躍も記憶に新しいのですが、2016年の今年も一体、どのような活躍をするのか今から楽しみにしているという人も多いようです。

そこで、そんな早稲田実業のスタメンを紹介します!

 

 

早稲田実業のスタメンについて

 

早稲田実業のスタメンは、3年生から1年生までまんべんなく選手が揃えられていることが大きな特徴となっています。また、選手の層が厚いので、ベンチ入りしている選手もスタメンとして試合に出場する機会が大き見られます。

 

早稲田実業のスターティングメンバー

 

1 ショート   金子銀佑

2 セカンド   橘内俊治

3 ファースト  清宮幸太郎

4 サード    野村大樹

5 レフト    工藤航輔

6 センター   雪山幹太

7 キャッチャー 杉浦啓斗

8 ピッチャー  赤嶺大哉

9 ライト    福本翔

 

6月5日に行われた練習試合での早稲田実業のスタメンになるのですが、4番の野村大樹、6番の雪山幹太、8番の赤嶺大哉は1年生となっています。

その他の試合ではスタメンが入れ替わることもあり、3番の清宮幸太郎選手が4番になったりと打順が今後、変わることもありえそうです。

そして、他にもスタメンとなりそうな選手がピッチャーでは吉村優、吉野星吾、金田歩、キャッチャーでは小掛雄太、内野手では中岡凛太郎、朝倉瑞生、外野手では岡本大輔、渡部貫大などがいます。

 

早稲田実業の最近の戦績について

 

2016-06-08_161553

早稲田実業はこれまでに数え切れないほど甲子園に出場をしていて優勝経験もあるので、今年も期待されているのですが、過去の甲子園での戦績を見ると、昨年の甲子園ではベスト4入りをしています。

この時は惜しくも準決勝で仙台育英に負けてしまい、2014年の春の甲子園でも仙台育英に3回戦で負けてしまっていて、ここ数年は仙台育英との戦いで悔しい思いをしていることが多いようです。

2006年には夏の甲子園で優勝をしているので、今年も優勝を狙える高校であるのですが、鬼門となる仙台育英やその他の関東の競合相手にどのように戦っていくのかが注目されています。

 

早稲田実業の注目する選手は?

 

2016-06-08_161623

早稲田実業で注目する選手というと、去年に続いて清宮幸太郎選手が挙げられます。

リトル時代の通算本塁打が132本で、リトル世界選手権優勝、そして、早稲田実業に入ってからは1年生からレギュラー入りをして、今年は4番(場合によっては3番)に座ることが多く、まさに早稲田実業の主砲となっています。

 

2016-06-08_161823

そして、清宮幸太郎選手以外で注目の選手というと、1年生の野村大樹選手がいます。

第44回リトルシニア日本選手権関西大会優勝、U-15アジア・チャレンジマッチ2015のメンバーの選ばれるなど、すでにリトルシニアなどで大活躍をしていて、まだ1年生ながらレギュラーとしても活躍していて、4番を務めることもあるほどで、その野球センスには大きな注目が集まっています。

なので、今年の甲子園での活躍も期待されているホープです。

 


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ