アレキサンドロスのバンドメンバーを紹介!

2016-06-18_095905

魅力的なロックバンドは多くいるのですが、その中でも最も注目されているバンドというとアレキサンドロスですよね!

ハードでありながらもキャッチーな楽曲と個性的なメンバーは多くの人から人気を得ています。そこで、そんなアレキサンドロスのメンバーをご紹介します!

 

ボーカルの川上洋平

2016-06-18_095947

川上洋平は1982年に神奈川県で生まれ、9歳から14歳までの期間をシリアで過ごすという変わった経歴の持ち主です。

シリアではインターナショナルスクールに通っていた為に、英語をマスターしているのですが、現在アレキサンドロスで歌詞を書く際に、その時培った英語なども生かされていて英語詞も多く書かれています。

アレキサンドロスでは、作詞作曲も手がけていて、ほぼ全ての楽曲が川上洋平の作り出したメロディーと歌詞となっていて、バンドの中心人物です。アレキサンドロスを立ち上げたのも川上洋平ということで、まさにアレキサンドロスそのものといっても過言ではないバンドのブレーンになります。

 

ベースの磯部寛之

2016-06-18_100036

磯部寛之は1982年に愛知県で生まれ、 高校生になるまでの4年間をアメリカで暮らしている帰国子女です。川上洋平と同じく海外での生活経験があるということで、二人には共通点があります。

学生時代にはバスケや水泳、吹奏楽などをしていたものの、青山学院大学で川上洋平にバンドに誘われて、アレキサンドロスの前身バンドに加入をしています。

バンドに加入したものの、青山学院大学を卒業した後には、会社員として生活していた時期もあり、休日にバンド活動を行うという二重生活を行っていたこともありました。 ベースプレイには定評があるのですが、他にもDJとしての顔も持ち、ZIP-FMの番組でDJを務めていたこともあります。

 

 ギターの白井眞輝

2016-06-18_100122

白井眞輝は1982年に神奈川県で生まれ、アレキサンドロスでギターを担当しています。川上洋平と高校が同じで、当時から同じバンドで活動をしていました。

高校卒業後にバンドは解散し、白井眞輝は音楽の専門学校に進み、その後に川上洋平と再開し、2007年にバンドに加入をしています。ブランキージェットシティなどの日本のバンドが好きなことを公言しているのですが、他にもレッドホットチリペッパーズやガンズアンドローゼスなどの海外のバンドが好きであることも明かしています。

 

ドラムの庄村聡泰

 

2016-06-18_100429

庄村聡泰は1984年に福岡県生まれています。アレキサンドロスのメンバーの中では一番年下になり、2010年にバンドの加入をしています。その前にはサポートドラマーとして活動をしていた時期もありるのですが、バンドの核とも言えるそのドラムはアレキサンドロスになくてはならないものになっています。

さらに、庄村聡泰は、かつてショップ店員をしていた過去があり、メンバーの中でも随一のおしゃれ好きとしても知られています。アレキサンドロスはメンバー全員がおしゃれなバンドと言われているのですが、その中でも庄村聡泰のファッションセンスは頭一つ抜けていると言われていて、そのセンスは高い評価を得ています。


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ