ビアガーデンの服装!女子の会社帰りはどうしたら?

そろそろ夏も間近!

暑くなってくると、「会社帰りに冷たいビールを一杯!」と思うことも増えますよね。

そうなると、お友達同士で「行こう!」となるのがビアガーデン♪

d56712de89c446a363ab62d1458cfa0d_s

 

クーラーが利いた居酒屋やバーでのビールも美味しいですが、真夏の暑い夜の空気を味わいながら、喉に流し込むビールは間違いなく最高です♪

今は、女子会にぴったりな「お洒落な雰囲気のビアガーデン」「夜景が見えるビアガーデン」など、本当にいろいろなビアガーデンがあるので、女性でも気軽に楽しめちゃいますよ☆

「会社帰りにビアガーデンで一杯いこう!」となったとき、女子が気を付けたい服装のポイントをご紹介しましょう。

 

 

○まずはビアガーデンの雰囲気を調べておいて

ビアガーデンと一言で言っても、今は色々な会場があるようです。

例えば、女性向けのところなら

・フルーツやお花が飾ってあるような、お洒落な雰囲気のビアガーデン

・キラキラしたネオンたちがとっても綺麗なビアガーデン

・ソファー席があり、大人の雰囲気を楽しむことができる場所

・屋台やブースが出ていて、エリアごとに違った印象のビアガーデン

などはどうでしょう?

こうして並べてみるとわかりますが、同じビアガーデンでも「共通しているのはお酒を飲むというところだけで、あとは雰囲気が全く違う会場である」ということがわかるはずです。

例えば、まるでバーの雰囲気をそのまま持ってきたかのようなビアガーデンに、デニムとTシャツだけで行ったらちょっと浮いてしまいますよね。

かといって、気楽にワイワイ飲むようなビアガーデンで、気合を入れたワンピースもダメです…。

ビアガーデンの服装を考えるなら、まず場所を調べること!

その場所の雰囲気にあった服装選びをすること!

服装って思った以上に女子にとって大切です。その場にそぐわない服装をして「あちゃー」という思いをしてしまうと、その時間がかえってストレスになってしまうことも少なくありません。

せっかくビアガーデンに行くのですから、心から楽しめるようにしたいですはずです。

場所をしらべて、その場にあった服装をしていくことは意外と大事ですよ♪

企画イベントのビアガーデンだと、ドレスコードがあるところもあるようです。

そう言う場合は、必ずドレスコードを調べましょう。

 

 

○カーディガンを持って行くと良いです

ビアガーデンが行われる場所の中には、ビルやホテルの屋上が含まれていますよね。

こういった場所のビアがアーデンは、想像しているよりも気温が低くなることが多いです。

高いところに行くと、低い所より肌寒いというのはみなさんご存知のはず…。

せっかくビアガーデンにいったのに、「思ったより肌寒い」ということになると、せっかくのビールを楽しむことができなくなってしまうかもしれません。

なので、カーディガンを一枚持って行きましょう。

上が半袖やノースリーブでも、カーディガンさえ持っていればさっと羽織ることができますので、とっても便利です

ちなみに、女性は夏になったらカーディガンを一枚持ち歩くことをお勧めします。

ビアガーデンではなくても、飲食店にいくとクーラーが利きすぎて思ったより寒い…ということがよくあるようで、特に冷え性のひとは苦労しているとか。

そんなとき、羽織れるものがあると心強いです。薄手のものなら、バッグにさっと入れることができますしね。

 

 

○パンツスタイルが便利!

どんな形式のビアガーデンかにもよりますが、場所によっては自分で食べ物をとりにいったり、ビールをついだりということをしなければならないところもあります。

こういうところだと、スカートだと歩きにくいですよね。

パンツスタイルの方が、さっと動くことができて便利なのでオススメですよ。

会社帰りのビアガーデンだと、お友達と一緒ではなく会社の人と飲むということもあるはず。

こういう場だと、女性が積極的に動かなくてはいけない場面も出てきますので、そういう意味でも動きやすいパンツスタイルがいいでしょう。

パンツスタイルの方が冷えにくいので、冷え性の女性には特にこちらをおすすめしたいです♪

○高いヒールは思ったよりも疲れるかも…

ちょっとおしゃれなビアガーデンに行くから、ワンピースを着たい。

だから、できるだけスタイルがよく見えるような高いヒールのパンプスを履きたい…。

そう考えている女性もたくさんいるはず。

でも、解っていると思いますが、高いヒールは疲れます!

上でも説明していますが、ビアガーデンという場は思った以上に立ち歩かなければならないことが多いので、高いヒールを履いていると足が疲れてしまうこともあります。

ビアガーデンは人混みなので、その中を高いヒールで歩くとなるとぶつかった時に転んでしまうかもしれません。

まあ、普段から履き慣れていればそんなことはないと思いますが、それでも低いヒールのパンプスの方がなにかと安全です♪

低いヒールのパンプスにあうようなファッションをコーディネートしてみてください♪

 

 

○当たり前だけど白い服は避けよう!

これは当たり前のことですが、一応念押しで書いておきます。

絶対に白い服はやめましょう!

ビールがこぼれた、食べ物のソースがこぼれた、そういう小さなことで台無しになるのが白いお洋服の宿命です。

白いワンピもパンツもめちゃくちゃ可愛いので着たくなる気持ちはわかりますが、たった一瞬の失敗で台無しになることを考えると、白は避けた方が無難。

零さないようにいちいち考えて食べるのもつらいですしね。

白じゃなくても、可愛いお洋服はたくさんあります。

 

 

○汚れてもいい洋服の方がいい

せっかくのお出かけだから、お洒落がしたい!という女心はごもっとも。

でも、ビアガーデンってお肉を焼いているところがあればその匂いがついてしまいますし、ちょっとの失敗で服が汚れてしまう可能性もあります。

それを気にしているよりは、いっそ汚れてもいい服で行った方がたのしめるはず!

汚れてもいい!でも可愛い!というファッションコーディネートを作ることも、ビアガーデンの楽しみだと思って下さい♪

意外と洗濯できるもので、可愛いアイテム多いですよ♪

 

 

○人によってはゆったりめの服装がいいかも

身体のラインが綺麗に見えるトップスやパンツはとっても可愛い!

ついでに、セクシーさも手伝って夏の夜のお酒の場にはぴったり…なのですが、ビアガーデンでこういう服装だと、途中で苦しくなることがあるみたいです。

目の前のお料理をお腹いっぱい食べたいのに、服がきつくて入らない。

ビールをもっと呑みたいのに、ウエストがキツイ。

これは大変もったいないです。

「ダイエット中だから、少なめに食べたい」というなら別ですが、そうじゃない場合はゆったりとした服装をこころがけたほうがいいかもです。

 

 

☆合コンやデートの時の服装は?

66fba99ce353d24fc6f6c7532f6cb1d2_s

会社帰りに、合コンやデートでビアガーデンに行く…ということもあるある!

特に、合コンだと「まずはみんなで盛り上がって」という流れになるので、わいわいしながらお酒が飲めるビアガーデンは最適です♪

ただ、デートや合コンとなると「男性に可愛いと思ってもらえるような、かわいい服を着ていきたい」と考えるのも女心…。そんなときは、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

★工夫!工夫!工夫!ビアガーデンでのデートと合コンは工夫を!

ビアガーデンで男性と飲むなら、セクシーさやかわいらしさを演出したいもの。

でも、なにせビアガーデンというのは服が汚れる可能性が高い場所ですし、自分でたべものを取りに行くことも多いので、動きやすさも求められるわけです。

ここで注意!

お洒落をしたくても、その場にそぐわない様な服装って男性は嫌いなんです。

食べものを取りに行く時に、高いヒールを履いていてさっと動けないとか、そういうの嫌いです。

合コンだと、女性が料理を取り分けたりすることもありますよね。

服が汚れるのを気にして、それをしない女性だとポイント低くなっちゃいます。

そもそも、人に気を使うことができる女性というのは「何も言わなくても、その場に応じた服装を用意できる」という人。

合コンでは、男性はそういうところまでチェックしていることが多いので、お洒落も大事ですが「さっと行動できる服装かどうか」も意識しておきましょう。

 

 

○ストールはめっちゃ使えるアイテム!絶対に持って行って

合コンやデートの時って、ちょっとおしゃれなワンピースを着ていくことがありますよね。

そうじゃなくても、タンクトップやキャミソールといったトップスを着ることもあります。

ただ、ビルやホテルの屋上にあるビアガーデンは意外に寒いこともあるので、ストールが一枚あると便利。

カーディガンでもいいですが、ストールってカーディガンよりちょっと女性らしいお洒落ができるので重宝しますよ。

暑くなったら、さっと外すこともできますしね。

ストールは、クーラーがききすぎているときにも使えるので、夏に一枚もっておくといざというときに使えます。

一年中売っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

○パンツスタイルでもかわいくなる!

ワンピースでダメということはないのですが、あちこち立ち歩くことを考えればやはり「パンツスタイル」が便利。

パンツスタイルだと、どうしてもスタイリッシュになってしまって甘さが足りない…と考える女性も多い様なのですが、パンツスタイルでも工夫次第で可愛くなります!

スキニーパンツに、レースなどの素材を使ったタンクチップはどうでしょう?

足元をパンプスにしたり、アクセサリーを加えるだけで、パンツスタイルがとて女性らしくなるのでオススメです。

パンツスタイルで、いかに可愛く見せるか?というのもファッションのみせどころ。

ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

夏だからこそのビアガーデン♪

だれといってもどこに行っても楽しむことができるように、その場に合ったスタイルで楽しみましょう!


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ