永六輔さんの告別式や葬儀の日程は?献花台はお供えできる?

上を向いて歩こうの作詞で有名な永六輔さん亡くなられました

永六輔さんの簡単なプロフィールと
告別式や葬儀の日程について、また献花台はお供えできるのか?

調べてみましたので良かったら読んでみてください!

永六輔さんってどんな人?

636

永六輔さんは、83歳でした

1933年、昭和8年4月10日生まれで
10代の頃にNHKラジオに投稿したことをきっかけに放送作家に道を歩みます

放送作家としての活動は、
テレビ業界の草創期、できたばかりの時期を支えたほどの人気番組を作り

また永六輔さん自身、番組に出演し
独特な話し方で出演者としての人気も集める存在でした

比べること自体、失礼だと思いますが
バラエティ番組でも面白い映画監督の三谷幸喜さんのような存在だったのかなって感じます

そして、坂本九さんが歌う名曲上を向いて歩こうや
北島三郎さんの帰ろかななど数々の名曲を打ち出す才能ももっていました

病気は?

永六輔さんが82歳の時に
25年以上続いたTBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」を最後に
活動をお休みになられました

どうしてかといいますと、
それ以前からパーキンソン病の進行が激しく、思うようにしゃべることができなかったり
身体を動かせなかったそうです

635

そして、降板して1年の2016年7月11日にこの世を去ります

また一人、時代を創られた方が亡くなるのは悲しいですよね

昔からテレビで活躍をみられた方は、お疲れ様といってあげたいんじゃないでしょうか?

告別式・葬儀の日程は?

まずは、葬儀の日程だと思いますが
訃報が届いたのが本日2016年7月11日の14時頃です

ただ、ニュースなどの文章には
亡くなっていることが分かった!と過去形になっていますので
実際はいつ亡くなられたのかは分かりません

もしかしたら、本日お通夜を行って
2016年7月12日には葬儀を行うかもしれませんね

基本的に葬儀は、亡くなられてから24時間経って行いますからね

明日か明後日には行うと思います

では、次に告別式の日程はといいますと
家族や親戚の方が落ち着くまではある程度時間をみると思います

それに加えて、テレビ草創期からの永六輔さんですから
マスコミ各社やテレビ関係者も沢山来られると思いますので

2016年7月13日~7月25日の間には、行うんじゃないかと予測しています

献花台は?

芸能人の方の告別式に、一般人が参加していいのか
という疑問があるかと思いますが、基本的に制限がなければ大丈夫です

冠婚葬祭に合った服装さえしてして頂ければ
献花台にお花をお供えすることも可能です

告別式や葬儀の日程などは
また詳しくテレビやネットニュースになると思いますので
その日程を間違わずに、会場に訪れれば同じ目的の方も多数いらっしゃると思います

また情報は更新されると思いますのでぜひ、確認してみて下さい!
ではでは永六輔さんの告別式や葬儀の日程についてでした。

安らかに眠って頂けたらなって思います

ご冥福をお祈り申し上げます


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ