babymetalのダンスがキレキレ!上手い理由は?

とにかくダンスがキレキレなbabymetal

babymetalの魅力の一つに、キレキレのダンスがあります。
MVを見てもダンスのハードさがよくわかりますが、これをライブでも10曲通してやっているあたり凄まじいパワーです。

特に、ダンスに関してはYUIMETALの評価が高い様です。
この子ですね。

maxresdefault

まるで天使のような外見の優しそうな女の子。
なのに、いざステージに立つとこうなるから不思議。

キレキレ(それしか言いようがない)。
もちろん、他の二人に関してもかなりダンスが上手く、ライブで見るとそのパフォーマンス力は圧巻です。
どうしてこんなにダンスがキレキレで上手いのでしょうか?

 

実は「揃っていない」とも言われるbabymetalのライブ

非常に激しいパフォーマンスが魅力のbabymetalですが、実はファンの間では「キレキレではあるが、ダンスは言うほど揃っていない」と評されることがあります。
シンクロしたダンスで三人組、と言えば「Perfume」なのですが、彼女たちの場合は本当に細かいところまでしっかりと合わせていて、三人が一体化したようなダンスです。
これは「レーザービーム」のダンス。

一方で、babymetalは「三人がそれぞれ個性をだした動きをしている」ことが魅力。
同じ振り付けでも、三人はそれぞれ体の部位の使い方が違うので、それをあえて壊さないようなパフォーマンスになっているんですね。
よく見ると、左右にいるMOAMETAL、YUIMETALは首の振り方一つも違ったりしますので、そういう違いを比べてみることもライブパフォーマンスの醍醐味。
ただ、最近は三人の動きが近くなってきているようで、キレキレの中にシンクロがより多く見られ、より高度なパフォーマンスが見られるようになってきているようです。

 

 

彼女たちのライブを見れば、キレキレの理由が解る

こちら、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の海外公演の動画です。

ところどころ観客がうつるので、通して彼女たちの動きを見られるわけではないのですが、終始一貫して手を抜かず、全力でダンスをしているのが良く解ります。
身体のをひねるところや頭を振るところなど、かなり激しい動きですが、それもキレキレな上に揃っている!

注目はサビ。
「ダメ!」「ダメ!」という声とともに、サイドの二人が胸の前に×を作ります。
ここは観客も真似しながら掛け声が出来そうなところ。
つまり、メッセージがより観客に伝わりやすくなっています。
「ダメ!」と言いながら×を作ることで、より一体感が生まれますし、また彼女たちの訴えたいことがより理解できるような気がしません?
観客と一緒にフリができるように、あえて簡単なフリにしているのかも。

ところどころ、こうして観客と一体になれるようなところを作りつつ、全力でパフォーマンスをするからこそ、彼女たちのメッセージは人によく染みわたるのでしょう。

とにかく、このくらいキレキレなダンスをしている時点でかなりの努力家であることはまちがいないですね。
三人を見ていると、「何かを懸命に頑張ってみたい」と思えます。


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ