お月見は何月何日?2016年十五夜は時期いつ?

みんな知ってる?お月見のこと

日本で昔から行われている伝統行事のひとつに、「お月見」があります。

mono-165

お月様にお団子をお供えする行事なので、「お団子を食べられる」と楽しみにしている方もいるのではないでしょうか?
お月様をみながら食べるお団子は、風流でとても格別ですよね。

そんなお月見ですが、皆さんは何月何日に行われているのかをご存知でしょうか?
これ、案外知らない人が多いですよね。
それもそのはず、お月見は毎年日にちが変わるイベントなので、「何月何日」と時期ははっきり決められていないのです。
では、2016年のお月見は何月何日なのかを見ていきましょう。

 

その前に、ちょっと「お月見」の意味のお話

そもそも、「お月見」とはどんな意味があってするイベントなのでしょう。
実は、お月見というのは「月に感謝をする日」という意味があります。
今と違って、昔は電気などの便利なものはありませんでした。
そのため、夜は月明かりを使って本を読んだり、書を書いたりしていたのです。
月が出ない日はそれができませんから、その時代の人は月をとても大切にしてきました。
だから、月に「ありがとうございます」と感謝をする日として「十五夜」を設けていました。

そればかりではなく、収穫の時期のお礼を月に捧げるという意味もあるそうです。
人々と密接な関係にあった月にお礼を、感謝をという気持ちを込めて月を見上げていると、またいつもとは違った感慨深さがあるのではないでしょうか?

 

2016年のお月見は9月15日

お月見は、旧暦では8月15日と決められていました。
旧暦では月の「満ちる」「欠ける」をもとに暦をよんでおり、「8月は空が美しく月が綺麗に見える」ということから8月15日が十五夜として定められ、この日にお月見をしていたのです。
しかし、現在私たちが使っているカレンダーの「新暦」は太陽の動きで日にちを決めているため、旧暦とは日にちが変わってしまうのです。お月見の日にちが毎年変わってしまうのはこのためなのですね。
「今年のお月見は何月何日?」と言われることがありますが、2016年のお月見は、9月15日。
そして、来年はまた日付が変わることになります。

 

お団子とススキどうして使うの?

お月見といえば、お団子とススキをお供えするのが習わし。
でも、「どうしてお団子とススキなの?」と思ったことがある人もいるのではないでしょうか。
この「お団子とススキ」にはちゃんとした意味があります。

dango-kanto

まるいお団子をお供えするのは、満月とお団子がとてもよく似ているため。
お月見では豊作のお祝いもするので、収穫したお米を使ってまるいお団子を作り、お供えをしていたそうです。

「すすき」は、稲穂に似ているために一緒にお供えをされるとか。
頭を垂れた様子はまさに稲穂のようですよね。
お供えされるものにも、きちんと意味があるのです。

 

今は「月をみるイベント」としての意味合いが強い

現代では、お月見は「月を見るイベント」という意味合いが強くなってきています。
自然に感謝をする気持ちは今も昔も変わりませんが、昔ほど「月を見る機会」というものが減ってきていますよね。
だからこそ、この「十五夜」の日は空を見上げ、改めて月の美しさを堪能するきっかけとなっています。
最近は、各地でお月見のイベントなども開催されるようになってきました。
この様なイベントを通して、「十五夜」の意味がもっと浸透していくといいですね。


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ