就活の黒髪はいつから?トーンの基準ショートの方が印象がいい?

2016-08-02_100640

学生にとって最も重要なことというと、就活になりますよね。誰もがしっかりと就活をして希望する企業に入って、バリバリた働いきたいと考えているかと思います。

その為には、まずは就活に備えて身だしなみを整えたりする必要があるのですが、そこで悩むのが髪の毛の色や髪型ですよね。

これまでのように茶髪やパーマがかかってままでは就活に悪影響が出てしまいます。

そこで、就活で黒髪にするタイミングとトーンの基準、さらにはショートの印象などについて紹介します!

 

就活で黒髪するのはいつからがベスト?

 

2016-08-02_101139

就活では身だしなみをしっかりと整えるというのは重要になるのですが、その中でも髪の毛の色は気をつけなければなりませんよね。

さすがに茶髪や金髪で就活を行うというのは、自ら失敗しに行っているようなもので、ほぼ100%就活が失敗してしまいます。

なので、普段から髪の毛を染めているという人は就活を行うにあたって髪の毛を染める必要があるのですが、髪の毛を染める時期はいつからがいいのでしょうか。

一般的に髪の毛を染める時期としては、就活を行う一週間前から数日前に行うという人が多いようです。基本的に黒く髪の毛が染められていればいいので、極論を言えば、就活を行う前日に髪の毛を染めてもいいとも言えます。

ただ、髪の毛を黒く染めるのにはあまり慣れていない人も多いと思うので、できれば数日前から一週間前位に髪の毛を染めておく方がいいのではないでしょうか。

 

髪の毛の染め方は?トーンの基準は?

 

髪の毛を染めることについてなのですが、美容院で染めるのと自分で染めることに分かれますよね。

せっかく染めるのであれば、プロにやってもらった方が確実であるのですが、普段から髪の毛を自分で染めているという人は、自分で染めたほうが良いですよね。

もちろん、普段から自分で髪の毛を染めているという人もよりしっかりと染めてもらう為には美容院で染めてもらった方がいいかもしれません。いずれにしろ、しっかりと黒く染められるようにしていきましょう。

2016-08-02_100949

そして、髪の毛を染める際のトーンの基準についてなのですが、4トーン位が丁度いいと言われています。

なので、4トーンを基準に髪の毛を染めていくといいと思うのですが、おしゃれで黒髪に染める人が5、6トーンを使用すると言われているので、自分の髪質などを見ながら4~6トーンが最適だと考えて染めていくといいのではないでしょうか。

 

就活はショートの方が印象が良い?

2016-08-02_100509

就活をする際には髪の毛の色と合わせて髪型も気になりますよね。

普段のままでいいのか、それとも就活に合わせて髪型を変えていった方がいいのかなど気になるものなのですが、就活ではショートの方が印象が良いということも言われています。

普段、髪の毛が長い人もイメチェンを兼ねてショートにするというのも良いのですが、やはりショートだとすっきりとして見えることから面接の際などに好印象を持たれやすいと言われています。

ショート以外にも、ベーシックなボブヘアなどはショートと同じく就活にふさわしい髪型と言われています。

他にもワンレングスボブや耳かけボブショート、グラブボブ、ベリーショートなども就活でも最適な髪型と言われているので、あまりおしゃれになりすぎないように美容師さんと相談しながらカットしてもらいましょう。

また、髪の毛の長い人は、オールバックやポンパドール、ハーフアップ、ポニーテールなどが就活にふさわしいと言われているので、こちらの髪型もお勧めです。

 


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ