サンダルを履くと痛い!鼻緒の部分を即改善する方法とは?

NAT88_sunahamasandaru_TP_V1

暖かい季節になると、サンダルを履いてお出かけしたくなりますよね。

 

夏らしい服装にもピッタリですし、通気性も良く涼しさが感じられます。

 

しかし、良くある経験だと思うのですが、サンダルの鼻緒の部分が、
足の親指と人差し指の間で擦れ靴擦れを起こしてしまうのです。

夏祭りでせっかく楽しみたい時に、
鼻緒の部分の靴擦れを起こしてしまったときは、

 

本当に最悪な気分になりました。

 

それでもそのままサンダルを履き続けたい時、
履き続けなければならない時、どうしたら良いのでしょう。

即改善する方法や予防法を紹介したいと思います。

 

鼻緒の部分が痛い!その場で即対応!

band-24298__340

私は、夏祭りの日に新しく購入したサンダルで気分よく外出し、

 

その数時間後には鼻緒の部分に痛みを感じ、
靴擦れが起きてしまっていました。

 

その日は対処法なども知らず、一緒に行動していた友達にも
迷惑が掛かってしまうと思い、我慢して歩き続けました。

 

帰宅後、サンダルを脱ぎ鼻緒の部分を見てみると、
ひどい靴擦れを起こしていました。

その後もしばらく靴擦れを起こした部分の痛みは治まらず、
二度とサンダルを履いて外出したくないと思った苦い経験があります。

 

しかし、やはり暖かい時期になってくると、
かわいいデザインのサンダルが売られていたり、
夏の服装にはサンダルが履きたくなってしまうのです。

 

そこで調べてみたところ、
鼻緒の部分の痛みを即改善できる方法を知りました。

 

お助けアイテムとしてな役立つものは、絆創膏と医療用テープです。

 

鼻緒で擦れてしまった部分の汗や汚れをしっかりと拭き、
絆創膏を貼り、その上から医療用テープを貼るだけです。

 

私は、調べてからは持参しておくようにしているのですが、

忘れたときや持っていない場合でも、
近くのコンビニなどで割と販売されているので即解消することができます。

 

ポイントとして、汗や汚れをしっかりと取ってから塗るということです。

面倒だなと思いふき取らずに貼ってしまったこともあるのですが、
拭き取らないとすぐに剥がれてきてしまうのです。

 

拭き取ってから張ったほうが剥がれにくいので、
私は必ず拭いてから貼るようにしています。

 

また、医療用テープはコンビニでは販売されていないこともあるので、
事前に薬局にて購入したほうが良いかもしれません。

医療用テープが無い時は絆創膏だけでも良いのですが、
医療テープを上から被せるように張ったほうが

 

俄然剥がれないのでおすすめです。

様々な絆創膏を試してみたのですが、
防水や水に強いなどの記載があるものの方が、

 

剥がれにくいということもありましたので、
是非参考にしてみてください。

 

鼻緒の部分が痛くなる前に

f0637824fbde15c26dff0b21117661c8_t

痛くなってから対応しても、擦れた部分が数日痛んだりと、

痛くなる前に対策しておけるのであれば、
しておいたほうが気兼ねなく楽しめますよね。

 

痛くならないようにするためにはどうしたら良いのかを調べ、
私が実際に試してして効果があったものを紹介します。

 

ワセリンやせっけん

まず一つ目は、ワセリンやせっけんを鼻緒の部分に塗り、
指と鼻緒の滑りを良くしておくことで、靴擦れを防ぐという方法です。

 

私が試してみた感想としては、
せっけんよりもワセリンのほうが効果が持続できました。

 

ワセリンだとチューブタイプのものを購入して持っておけば、
ワセリンが歩いているうちに乾いてしまっても、
塗り足しやすかったからです。

 

鼻緒の部分に塗っただけで、痛くならないなんて初めは
信じられなかったのですが、見事に痛くなりませんでした。

 

ジェルパットの使用

通販などで、サンダル ジェルパットと検索するとすぐに見つかります。
私は通販で500円くらいのものを購入しました。

 

サンダルの鼻緒部分に装着してから履くだけなのですが、
痛くならない優れものなのです。

 

何度も繰り返し使えますし、手持ちのサンダルすべてに着けておけば、
いつでも靴擦れを防ぐことができますね。

 

見た目もジェルパットが透明で小さいので、

サンダルを履いているときとなんら変わらず、違和感が感じられないので、
絆創膏などが見えるのが嫌だという人でも安心して活用することができます。

 

絆創膏と医療用テープ

絆創膏と医療用テープは靴擦れを起こして時から貼ると良いのですが、
サンダルと履く前に貼っておくと予防になるようです。

 

私も試してたのですが、しっかりとガードされ、痛くなりませんでした。

 

サンダル選びと靴擦れ

black-and-white-1836084__340

私がサンダルの靴擦れを改善したいと思い調べた際、

 

サンダルが自分の足に合っていないと、
鼻緒の部分が痛くなってしまうという情報を知りました。

サンダルが足に対して、大きすぎても小さすぎても
鼻緒の部分に体重が乗り、痛くなってしまうようです。

 

そのため、私はサンダルを今までは大体のサイズの
サンダルを購入していたのですが、今では、購入するたびに

靴屋さんの定員さんに足のサイズを測ってもらったり、

 

こぷにゅう使用としているサンダルが、
自分の足に合っているかを確認してもらってから、購入するようにしています。

定員さんが詳しくなかったり、対応してもらえなそうなときは、
購入しようとしているサンダルを、その場で実際に履いてみて、

 

少し歩き回ってみます。

すると鼻緒の部分に負荷がかるか、痛みを感じるか、

 

判断することができます。

 

サンダルを購入するときにも、のちの痛みのことを考えて選ぶことも、
靴擦れが起きにくくなった要因ではないかと思います。

 

まとめると

 

• サンダルの鼻緒部分の痛みを感じたら、絆創膏と医療用テープを貼ると、
即改善できる。
• 痛くなる前にワセリンやジェルパットなどを活用する。
• サンダル選びを慎重に行うことで、靴擦れになりにくい。

 

サンダルの鼻緒部分が痛くなったり、靴擦れを起こした際、
傷がついてしまってたら、当然その場で完治させることは不可能です。

 

しかし、絆創膏と医療用テープを用意しておけば、
帰宅までは痛みを改善し、楽しむことができますよね。

また、事前に対策しておくことで、鼻緒による痛みは防げます。

 

私もサンダルを履いて楽しみたいので、
しっかりと改善の準備や予防を怠らないようにしたいと思います。

 

サンダルを楽しみましょう。


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ