グレープフルーツのおしゃれな切り方!見た目も良く食べやすい!

grapefruit-1596037__340

グレープフルーツは比較的年中手に入れやすい果物ですよね。

 

酸っぱくてさわやかなグレープフルーツは、
食後のデザートや朝食などにもってこいの果物です。

 

しかし、グレープフルーツは皮が固く剥きにくかったり、
皮をむきながら食べようと思うと、
汁が溢れ手がベタベタになってしまったりなど、食べにくいですよね。

 

自分一人ならまだしも、家族全員分の食べる分をむくのも大変です。
お客様にも出しづらいですね。

今回はグレープフルーツのおしゃれな切り方を紹介するのですが、
おしゃれに見えるだけではなく、食べやすくもなるのでおすすめです。

 

初心者向け、おしゃれな切り方

verne-171295__340

まずは基本的なグレープフルーツの簡単な切り方を紹介します。

 

はじめからおしゃれな切り方を実践しようとしても、
意外と難しく感じるのですよね。

私もこの基本的な切り方をマスターしてからのほうが、
ほかのおしゃれなグレープフルーツの切り方がうまくいきました。

 

この切り方も、おしゃれな皿などに盛り付ければ、
十分おしゃれに見えますし、とても食べやすく感じました。

 

【切り方】

まずは、グレープフルーツの表面をきれいに洗い、
8分の1のサイズに半月切りにします。

 

半月型になったグレープフルーツの薄皮を縦に見て、
横方向から包丁で切り込みを入れます。

 

最後に皮と果肉の間の部分に切れ込みを、
分くらいまでに入れたら完成です。

 

このまま食べても良いのですが、カクテルを飲むときなどに、
グラスの渕に差し、おしゃれに見せることができます。

 

皮付きのおしゃれな切り方

fruit-2217530__340

皮付きでおしゃれな切り方を紹介します。

この切り方は、スマイルカットといいます。
とても食べやすく、おしゃれに見えるのでおすすめです。

 

【切り方】
まずは洗ったグレープフルーツを縦半分に切ります。

 

半分にカットしたものを、更に半分にカットします。

 

4分の1カットになったグレープフルーツの薄皮に沿って半月型に刃を入れます。

 

すると薄皮が取れるので、薄皮を取ったら完成です。

 

余っている皮の部分を丸めて、つまようじなどで留めて、
盛り付けてもおしゃれに見えます。

 

グレープフルーツのお皿で

この切り方は、サプライズカットです。

 

とても簡単ですし、グレープフルーツしか使わないので、
皿が汚れないという利点もあります。

実際に子供のお友達が遊びに来た時に出したら、子供も友達も大喜びでした。

 

【切り方】
良く洗ったグレープフルーツを半分にカットします。

 

皮と果実の間に沿って、包丁を縦方向に刺し、ぐるっと一周させます。

 

この時、包丁の刃がグレープフルーツの底を
突きぬけてしまわないように注意しましょう。

 

上手くいくと、果実が皮から外れて、器型になった皮が残ります。

果実は薄皮を取り除き、器型の川のほうに入れれば出来上がります。

 

南国でデザートを楽しんでいるかのような気持ちになりますね。

 

グレープフルーツを切る包丁

グレープフルーツを切る際、普段使用している三徳包丁でも良いのですが、
実はグレープフルーツナイフという包丁があるのです。

 

刃が湾曲上になっていて、両端に鋸刃上の刃がついています。

グレープフルーツの中身が綺麗に取り除けるので、
器型のサプライズカットを行うときなどに重宝しました。

 

また、ペティナイフも細かい作業に適しているので、
スマイルカットを行うときなどにおすすめです。

大きい包丁でおしゃれに切ろうとしても、切りすぎてしまい失敗したり、
手を切ってしまう危険性もあるので、適した包丁を使うことも大切ですね

 

まとめると

 

• グレープフルーツは、おしゃれに切ることで食べやすくなる。
• 簡単な基本的な切り方からやってみよう。
• スマイルカットは食べやすくおしゃれ
• グレープフルーツの皮はさらにもなる
• グレープフルーツ用の包丁を使うと便利

切り方を工夫するだけで、
グレープフルーツはおもてなしとしても出すことができますね。

 

切り方ひとつで、いつもよりもおいしく感じるような気がします。

 

色々な切り方を行ったグレープフルーツを、
1つの皿に並べたりすれば、パーティーなどにもおすすめです。


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ