2016夏の高校野球甲子園のチケット前売りと当日券料金は?

2016-06-02_145416

6月に入って、そろそろ夏を感じさせる季節となってきました。

夏といえば2016年の今年の夏も高校野球が甲子園で行われて、全国の高校球児たちが熱い戦いを繰り広げますよね。

毎年、甲子園を楽しみにしているという人も多いと思うのですが、普段はテレビで観戦しているという人も一度は甲子園で生で観戦したいと考えている人もいるかと思います。

熱い夏にもっと熱い高校球児達の熱戦を甲子園球場で見守るというのは、これ以上ないくらい素敵な夏の思い出になりますよね。

そこで、2016年の夏の高校野球甲子園のチケット前売りと当日券の料金についてご紹介します。

 

甲子園の前売り券について

 

まず、甲子園の前売り券は、チケットぴあ、ローソンチケットなどで購入することができるようになっています。

そして、チケットは1塁、3塁特別自由席が購入することができて一般が1500円、子供が600円となっています。

それほど高いというわけではないので、誰でも購入しやすいものになっているのですが、是非、早めに購入をして甲子園球場で高校球児たちを応援しましょう!

 

甲子園球場の当日券について

 

甲子園球場で高校野球を観戦する際には、当日券も販売されているので、当日券を買って観戦することもできます。

当日券は、中央特別自由席、1塁・3塁特別自由席、1塁、3塁アルプス自由席、外野席が発売されているのですが、この当日券は、なかなか購入しづらいので、チケット発売と同時に購入するなどしていかなと購入できないことが多いようです。

そして、当日券の値段は中央特別席が一般・子供2000円、1塁、3塁特別自由席が一般1500円、子供600円、1塁、、3塁アルプス自由席が一般、子供600円、外野席が無料となっています。

それぞれ席によって値段が異なるのですが、子供料金は4歳以上小学生以下、3歳未満は無料となっているので、小さなお子さんのいる方も、是非、この機会に甲子園で高校野球を観戦しに行くといいのではないでしょうか。

ただ、その代わり甲子園球場での観戦は、かなりの暑さになるので、熱中症対策などをしっかりとしていくようにしましょう!

 

通し券、ペア席について

 

さらに、甲子園で行われる高校野球には、前売り券、当日券の他に通し券ペア席というものもあります。

なので、こちらの方を購入して観戦することもできるのですが、通し券というのは、甲子園で行われるすべての試合を観戦できるという券です。

通し券は中央特別席が26000円、1塁、3塁特別自由席が19500円となっていて、こちらも前売りで購入することができます。

そして、ペア席というのは、中央特別自由席エリアで観戦できるしチケットで、TV付きのカウンターテーブルがあり、そこで、飲食をしながら高校野球を観戦することができます。

ペア席は2人までとなっていて料金は6000円、準々決勝までは7月17日から試合が行われる前日の午後6時まで、準決勝と決勝は準決勝の前日から試合前日の午後6時まで購入することができます。

さらに、この他にボックス席というものもあり、1塁、3塁特別自由席エリアで4人席、5人席で観戦できるチケットになります。

ボックス席のチケットは4人席が8000円と9000円、5人席が10000円と11000円、13000円に分かれていて、家族や友達などと複数人で高校野球を観戦するには最適なものとなっています。

そして、こちらの方も準決勝までは、7月17日から試合が行われる前日の午後6時まで、準決勝と決勝は準決勝が行われる前日からあ試合前日の午後6時まで販売されています。

 

チケットは早めに購入しよう

2016-06-02_150340

 

甲子園ではこのように発売される券がいくつかに分かれているので、是非、自分の観戦スタイルにあったチケットを購入して観戦をするようにしましょう。

2016年の今年はどこの高校が優勝をするのか、今から楽しみであるのですが、甲子園を生で観戦したいと考えている人は、前売り、当日券、その他のチケットも、なるべく早くに購入して観戦したいですね!


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ